泡断熱

発泡ウレタン断熱の1番の特徴は、家の中での温度差を最小限に抑えられることです。
今までの住宅とはちがい、一年中気持ちのよい温度を体感できます。
高気密、高断熱なのでエアコンは弱運転で十分。
ガマンすることなく節電ができ、家計にも環境にもやさしい住宅です。
さらに、経年・季節変動にも強く、断熱性能が低下することのない長寿命断熱なので、一生に一度の大切なお住まいが、ずっと快適に過ごせる、まさに一石四鳥のハイグレードな住宅となります。

年間冷暖房費がお得!!

一般に住宅と比べ、発泡ウレタンの家なら冷暖房の効率が高く、暖房費は約48%、冷房費は約25%削減することができます!
年間で約100,000円かかっていた冷暖房費が約60,000円にまで減り、月々にすると約3300円節約できます!

体感がちがう!!

体験した方の70%以上が「期待通り」と言っていただける程、冷暖房の効きが違います!
実際に住んでみた方から様々なお喜びの声もいただいています。

ご利用いただいている方からの声(一部)

  • 以前の家は廊下、押し入れの結露がひどく、底冷えがひどかった。今は、結露もなく温かで雑音も気にならない
  • 冬でも外から帰った時エアコンを付けなくても結構暖かい
  • 外が暑くても家の中に入ると涼しい
  • エアコンは弱運転で十分。雨音がほとんど聞こえない
  • エアコンの効きが良い。防音効果もある。

節電効果でCO2も削減!!

高気密・高断熱がもたらす効果

吹付断熱工法を用いた壁は、一般住宅の場合と比べ、サッシ周りと壁の温度差が約2.5度も違います。
これは、サッシ周りや継ぎ目部分もしっかり断熱されており、家のすみずみまで均一な温度を保てる気密性が為せる技です。

経年・季節変動に強い!!

30年後でも劣化しない長寿命断熱

発泡ウレタン断熱は、フォーム内部の空気で断熱をしていますから断熱性能の劣化がなく、現場発泡で構造躯体にぴったり接着するので長期にわたり剥がれたり、隙間ができたりしません。

断熱性能の変化

「常温(23℃)に放置」、「70℃に加熱し劣化を促進させながら放置」の2つの条件にて各々の経過日数と熱伝導率(熱の伝えやすさ、数値が大きい程に断熱性能が低い)の変化を調査しました。
経過日数による熱伝導率の変化をグラフにすると断熱性能の低下は無いという結果になりました。

お問い合わせ